図書館を使う

成城大学図書館の特徴

成城大学図書館の特徴

成城大学図書館は、成城大学キャンパス内(東京都世田谷区成城)にある図書館です。
学生はもちろん、卒業生や地域の方にもご利用いただけます。
当館では、利用者の学習支援・研究支援に力を入れており、資料面のみならず、環境面においても、利用しやすい図書館を目指しています。

充実した資料

人文・社会科学系を中心とした図書が約720,000冊、8,900種類の雑誌、29,000点以上のマイクロ資料、そして、約60,000点のAV(AudioVisual)資料を所蔵しています。
全国主要五大新聞に関してはすべて、創刊号からオンラインやCD-ROM、縮刷版、マイクロフィルム等で所蔵しています。
また、いくつかの貴重な特殊文庫もあり、中でもドイツの教育学者・哲学者であるパウル・ナトルプの全蔵書を移し入れた「ナトルプ文庫」(4,454冊)は、学外の研究者にとっても貴重な文庫となっています。

 

選べる学習環境

各階に配置された様々なタイプの閲覧席、グループや友人とともに話し合いながら勉強することができるグループ学習室、プレゼンテーションルーム、アクティブラーニングエリア、そして、レポート作成・情報検索に使用するPC等、読書や多様な学習に対応した環境を整えています。
地上3階から地下2階にある約26万冊の図書・雑誌は、開架閲覧方式を採用し、館内のどこでも自由に手に取って読むことができます。
また、豊富な資料を検索できるデータベースをはじめ、情報検索に役立つツールも充実しています。
さらに、メインカウンター・レファレンスカウンター、AVカウンターの3つのカウンターを備え、図書館の利用方法や資料の探し方などをサポートしています。

 

コレクションの宝庫・AV(AudioVisual)ゾーン

AV資料関係では、レコード約8,000枚、CD約22,000枚、DVD・Blu-ray約13,000点など、約60,000点を所蔵しています。
音楽大学と肩を並べる数のクラシックCDや、VHSをはじめ、Blu-rayに至るまで映像資料も豊富に揃っています。
音楽や映画を楽しめる地下2階のAVゾーンは、個人用、2人用、3人用の多様なAVブース、10人まで利用できるAVルーム、マイクロブースなどの施設でゆっくり視聴、閲覧することができます。毎日多く学生に利用されています。